1. 台湾留学.com
  2. 大学・大学院留学
大学・大学院留学

 大学・大学院留学は本科正規留学とも呼ばれ、台湾の大学や大学院で台湾人学生と一緒に専門分野を学ぶ留学です。必要な単位を修めれば卒業時に学位を取得できます。台湾は日本から近く日本人にとって生活しやすいだけでなく、教育熱心で学校の設備や研究施設も整っているので、留学先に台湾を選ぶ方が急増しています。
 本科生として留学するためには入学試験を受けて合格する必要がありますが、多くの大学には外国人学生入学枠(留学生専用の試験)があります。試験内容は大学や学部によって違いはありますが、書類選考のみ(筆記試験・面接なし)で受験できる大学も多く、日本の大学入試のように学力や偏差値で判断されません。また、日本と違い国立大学でも併願が可能なので、どなたでも希望の大学に合格できる可能性が高いというメリットがあります。
 日本人留学生の場合、大学付属語学センターで中国語を勉強した後に引き続き大学に進学するケースが多いですが、日本から受験することもできます。特に大学院の場合、日本の大学を卒業して就職した後、もう一度専門分野の研究をしたいと、日本で働きながら留学準備(受験や中国語の勉強など)をする社会人留学生が多いという特徴があります。
 講義は中国語で行われますので、正規留学を目指すのであれば最低限講義を聴いて理解したり、レポートを書いたりできる程度の語学力が必要になります。

外国人留学生試験の主な出願資格

・高等学校卒業(見込み)以上。
・最高学歴が台湾・中国・香港・マカオ以外の国の学校であること。
・中華民国(台湾)の国籍を有しないこと。
・出生時の両親のどちらかが中華民国国籍の場合は、過去に台湾で戸籍登録をしたことがないこと。
・過去に中華民国の国籍を持っていた場合は、内政部で中華民国の国籍の喪失を許可された日より8年が経過していること。
 ※香港・マカオ・中国籍の方も外国人入試枠では申請できません。
 ※大学・専攻により条件が異なる場合があります。


© 2016 台湾留学.com