1. 台湾留学.com
  2. 台湾華語学習
  3. 留学前の効果的な勉強法

視聴華語を使った留学前の効果的な勉強法

 台湾のほとんどの語学学校では、注音符号(発音記号)の読み方からスタートする初心者向けのコースを設けており、中国語が全く話せなくても留学することができます。しかし、限られた留学期間の中で最大限の効果を挙げるためには、留学を決めたらすぐに勉強を始めるのがベストです。
 だからといって留学が決まっているのに高い月謝を払ってスクールに通うのももったいないですよね。そこでお金をかけずにできて、留学中の学習効率を高める、簡単な予習方法をご紹介します。

留学中の学習効率を高める簡単な予習方法とは

 その方法とは、「実用視聴華語」テキストを見ながら付属のCDを聞き、暗唱するだけです。可能であれば漢字の書き取りもすると良いでしょう。
 「実用視聴華語」 は台湾のほとんどの語学学校で使用されている外国人向けの初級用テキストです。(台湾師範大学は使用教材が「當代中文課程」に変わりました。)暗唱する時、単語の意味や文法を考える必要はありません。しかしそれだけで台湾に来てからも授業がすんなりと耳に入ってきますし、中国語が口から出やすくなりますので、留学中の学習効果が大幅にアップします。
 暗唱と漢字の書き取りだけなら、日本で・ひとりでも簡単にできますよね。

なぜ暗唱???

 実用視聴華語を執筆された国立台湾師範大学国語教学中心の陳夜寧先生の授業でも、暗唱を非常に重視されていました。
 中国語に限らず、新しい言語を習得するには単語や文法を理解するだけでなく、反復練習を繰り返して体で覚えることが必要です。実用視聴華語の例文はほとんどが会話形式ですが、日常生活でよく使われる言葉が非常にうまく組み込まれています。この会話の基本形が自然に口から出るようになれば、後は他の語彙で応用するだけですので、短期間で中国語が話せるようになったと実感できるのです。
 留学中も学生は授業の予習・復習として言語実習室でCDを聴きながら発声練習をすることが求められていますが、 他にも宿題は毎日たくさん出ますので、どうしても暗唱はおろそかになりがち。 そこで、その部分を留学前にやってしまおうということです。

解説が読めなくても大丈夫。

 実用視聴華語テキストの解説や翻訳はすべて英語です。しかも台湾の語学学校は初級クラスでも授業はすべて中国語。(学生が理解できないときに英語を使う先生もいますが、教える技術が高い先生ほど英語を使いません。)しかしこれは、"中国語を話すときは中国語で考える"という習慣をつける上で非常に重要なことです。はじめは先生の言っていることが分からないかもしれませんが、それでも授業に参加し続けることで次第に理解できるようになっていきます。
 授業では新出単語の意味や用法・会話のバリエーションをきちんと教えてもらえますし、基本的な文法を使って自分で文章を考え話す練習もしますので、日本では深く考えずに暗唱と書き取りに専念することが大切です。逆に留学中は言語実習室で自習するよりも、実際に街に出て台湾人と中国語で会話するなど、現地でなければできないことをする方が効率的です。
 「日本でできることは日本で」「台湾でしかできないことは台湾で」と、きっちり分けることが留学の効果を上げる重要なポイントです。

視聴華語のお求めは台湾華語テキストオンラインストアで。

 台湾留学.com華語テキストオンラインストアでは、台湾に留学する方なら必ず勉強する実用視聴華語テキストの全シリーズをはじめ、これから台湾の語学学校で主流となりそうな當代中文課程シリーズ、日本語訳付の漢語大師シリーズや華語簡易通など、日本人にとって勉強しやすい教材を厳選してご紹介しています。
 日本国内からの発送なので、ご注文後すぐにお手元にお届けします。代引き発送も可能。台湾からの直送と違い配送トラブルや関税の心配もありません。
 今なら視聴華語1視聴華語2當代中文課程1當代中文課程2をお買い上げの方にシンプル日本語訳をプレゼントしています!


© 2015 台湾留学.com