台湾に留学するなら寮のある学校が便利!でも台湾の学生寮ってどんな感じ?

大学学生寮
留学先を決めるとき、「どこに住むか」は重要なポイントのひとつですよね。
台北市内は寮のある語学学校が少ないので、以前は国際学舎や安めのホテルにしばらく滞在しながらワンルームマンションを探すのが一般的でしたが、最近は某国の団体予約の影響で国際学舎の予約がとりにくかったり、ホテルの宿泊料金も高騰しているため、宿泊先の確保が難しくなっています。一方、語学学校側も留学生の利便性を考えて大学の学生寮を利用可能にするところが増えてきました。
大学敷地内や大学に近い場所にある寮に住めば通学の心配をしなくても良いので、郊外や地方の語学学校でも不便に感じることはありませんし、何より物件を探したり大家さんと交渉や契約したりという手間が省ける上に滞在費用も安く済むので、留学生にとってはメリットがたくさんあります。
しかし、何か月間も生活することになる場所なので、どんなところなのか気になりますよね。
そこで今回は台湾の学生寮についてご紹介したいと思います。

語学留学生向け宿舎の種類

現在、大学付属語語学学校が提供している宿舎には大きく分けて3タイプあります。
1.大学本科学生用の学生宿舎
2.マンションタイプの学生宿舎
3.来賓専用のゲストハウス

それではそれぞれのタイプをひとつずつ見ていきましょう。

1.大学本科学生用の学生宿舎

大学本科学生用の学生宿舎

※写真はイメージです。

語学学校の寮で最も一般的な「大学本科の学生が暮らす学生寮を留学生も利用可能にするパターン」です。昔ながらの学生寮はどの大学も構内に男女別で数棟あり、そのほとんどは4~6人部屋で個室はありません。個人スペースとして学習机・書棚とクローゼット、はしごを上って上にベッドというシステム家具が割り当てられるタイプが多いです。また壁の片側に2段ベッド2台、反対側にクローゼットと学習机が4セット並んでいるタイプの寮もあります。
トイレとシャワーは室内になく、各フロアに共同トイレとシャワールームがあります。その他共同設備として、テレビのある娯楽室やコインランドリー、自習室やトレーニングジムを設置している寮もあります。建物自体は古いことが多いですが、改装しているのでインターネットやwi-fiはだいたい使えます。火災防止のため炊事禁止のことが多いので、学生食堂などを利用して3食外食で済ます学生がほとんどです。
このタイプの寮の寮費は、日本円に換算するとだいたい1か月1万円以下です。部屋割りは学校側が決めますので、台湾人学生と同室になることも他の留学生と同室になることもあります。貴重品は鍵付きの引き出しにしまうことができますが、パソコンなど大切なものをどこに保管しているのでしょうか。いずれにしてもスペースが限られているので、自然にミニマリスト生活ができそうです。

2.マンションタイプの学生宿舎

マンションタイプの学生宿舎

※写真はイメージです。

マンション1棟が丸ごと学生寮になっているタイプで、新しく建設される学生寮はだいたいこのタイプのため、少しずつ増えてきています。キャンパス内に敷地がないと大学に近い場所に建てられるので、見た目は普通のワンルームマンションとかわりません。しかしワンルームといっても基本個室ではなく、ワンルームマンションの1室に2~3人で住むようなイメージです。
こちらのタイプも各個人にベッド・学習机・書棚とクローゼットが割り当てられますが、1のタイプとの違いは2段ベッドではなく普通のベッドということと、各部屋にバスルーム(トイレ・洗面台・シャワー)がついていることです。同じく部屋割りは学校側が決めますので、台湾人学生と同室になることも他の留学生と同室になることもあります。
こちらのタイプの学生寮は寮費が若干高く、日本円で1か月2~3万円ぐらいが相場です。

3.来賓専用のゲストハウス

来賓専用のゲストハウス

※写真はイメージです。

大学が学会参加者等国内外からの来訪者のために用意している宿泊施設を利用できる語学学校もあります。ホテルや宿泊研修施設のような設備で、シングル利用も可能です。
宿泊費用は一般のホテル並みのところもありますが、宿泊研修施設タイプなら日本円で1か月5万円程度で利用できるところもあります。
このタイプの特徴は寝具が用意されていることと、ホテルタイプなら定期的に部屋の掃除をしてくれることです。

相部屋の学生寮はシェアハウスと違ってプライベートスペースが全くないので、日本人留学生はなかなかなじめないことも多いようですが、台湾人学生や外国人留学生と親しくなりチャンスもありますし、ひとまず寮に入ってそこで生活しながら一人暮らしの賃貸物件をじっくり探す、という利用法もあります。

学生寮利用可の語学学校が増えているといっても、寮のタイプや利用料金は様々ですので、今後このブログで各語学学校の寮を詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク
コメントの入力は終了しました。